ブランクのある看護師が受けられる研修 - 看護師の資格と就職

看護師の資格と就職 > 看護師が受けられる研修

ブランクのある看護師が受けられる研修

出産育児が一段落し、看護師に『復職したい』という希望を持った時、最後に看護師として勤めていた時から現在までのブランクが気にならない人はいないでしょう。
そんなブランクを埋めるために、『再就職研修』や『復職支援研修』という研修をうけることがおすすめです。
これは日々進化し続ける看護技術や知識について、不安を感じている人へ向けたプログラムです。

長く現場を離れるということは、その間の変化を知ることができず、職務に対する感覚が鈍っていたり、最新技術や医療機器についていけなくなるということです。
まるで、元の世に戻った時の浦島太郎状態です。
それらの変化を全て自身に取り込むには、相当な努力が必要ですし限界があると言えます。
そんな時のために、このような研修を受け、あらかじめ看護師として復職する『準備』をしましょう。

研修の主な内容は、『看護の基礎技術』と『復職を支援するため』の研修の2種類に分類されており、それぞれの内容は多岐に渡ります。
自身に必要な知識や技術はどれなのかを見据えて、受講する研修内容を選択することが必要です。

復職研修は、看護師及び准看護師の免許を持っている人ならば誰でも受講することができますが、同時に保健師や助産師の方が受講できる研修も多く存在しています。
充実度にばらつきがあるのは否めませんが各都道府県のナースプラザやナースセンターが窓口となって定期的に講習会が開かれていたり、求人サイトの中でも復職研修を行っているサービスをよく見かけます。
就職・転職活動と並行して講習受講を考えている場合には、こちらの方が利便性が高いと思われますのでお勧めです。

又、病院の中には独自に潜在看護師のための研修をおこなっているところもあります。
復職支援を行っている病院もありますので、これの様々な情報を総合して考慮し、決断して頂きたいと思います。
『看護師不足』を解消できる一番の近道は『看護師免許を持っている方の復職』にあることを、お忘れなく、その力を存分に活かしてくださいね。