看護師の求人 - 看護師の資格と就職

看護師の資格と就職 > 看護師の求人

看護師の求人

看護師の就職先は『引く手あまた』とか『売り手市場』という言葉が、近年では最も似合う言葉のように感じます。
ハローワークの案件でもやはり求人はたくさんでていますし、就職・転職サイトでも多く見かけます。
それどころか看護師に対しては、専門の『看護師求人サイト』も存在しています。

看護師の数が絶対的に少なく、特に過疎地の病院では看護師不足に困っているというのが実情だと言えるのです。
ですが、看護師が不足する病院には不足するなりの理由があることも否めません。
現役の看護師が転職を考える時に、求人票を見るうえで気を付ける点がいくつかあるようですので、ここでご紹介したいと思います

まずは『常に求人を公開している病院』という点です。
これは一般企業に関しても要注意項目に挙げられますが、単純に人の出入りが多いということで何らかの理由 があるのではと思ってしまいます。

次に『30~40代の働き盛りの看護師がいない』という点。
これは非常に力のあるベテラン看護師が居て、中間の立場であるその世代の看護師が居づらいのではないか、という予想がされます。

『患者への態度が良くない』、『病院の口コミに患者から悪評がついている』、『電話の対応が悪い』なども当たり前ですが不人気の理由ですし、『待遇面が良すぎる』、『アットホームな職場です』という文句、『新規開業の病院』などは実際に働いてみなければ分からないことや、求人票との差異があるのではないかという理由が不安になるようです。
これらがいわゆる『ブラック求人』と疑われる求人情報ですが、やはり病院も企業ですから実際に働いてみないことには何とも分からない点が多いことでしょう。
特に問題となるのが長時間勤務や残業代金の未払い、職場の人間関係などが挙げられることと思います。

誰もが納得のいく就職や転職を願っています。
それを叶えるためにも、求人情報は穴があくほど読み返し、実際に職場見学へ行くことでなんとなくの雰囲気をつかむことをお勧めします。] 転職サイトでは職場の環境や内部事情も情報収集しているので利用してみるといいでしょう。