新人看護師の仕事と悩み - 看護師の資格と就職

看護師の資格と就職 > 新人看護師の仕事と悩み

新人看護師の仕事と悩み

どのような仕事に就いたとしても、その1年目は本当に気苦労が多いことでしょう。
それは『新人看護師』も例外ではありません。
難関とされる看護学生に合格し、学生時代には幅広い知識を身に付け、臨床実習では現場の大変さを知り、看護師国家士国家試験に合格し、晴れて『新人看護師』として就職します。
たくさんの希望に満ち溢れている『新人看護師』にまず待ち受けている試練はどのようなものでしょうか。

『理想』を持って臨む新人看護師にとって『現実』を目の当たりにすることが、まずは一番戸惑うことのようです。
教科書通りにはいかないことの方が多く、しかし迷っていても現場は待ってくれません。
授業では部分的な実習しかせずとも、実際の現場では全てのことを同時進行しなければより多くの患者さんの対応をすることができないのです。
勉強はたくさんしてきたので知識は十分にあるけれど、スピーディな判断力や行動力が伴わないことによるジレンマや、創意工夫をする力がまだ備わっていない新人看護師にとっては、とても大きなストレスとなることでしょう。

新人看護師時代には、『覚える』こと『要求されるもの』が非常に多く、日々の密度が濃くて1年なんてあっという間に過ぎていってしまうことだと思います。
いきなり1年生に即戦力としての仕事を要求する職場は、どこに行ってもないはずです。
ですから、焦らずじっくり毎日の仕事を丁寧に行うことや、先輩看護師の仕事を『聞く、見る、尋ねる、真似する、書き出す』などできることから始めていきましょう。

大きな病院などでは『卒後教育』と称されるOJTプログラムを用意している病院もあり、やはり1年生時代が自分にもあったはずの先輩看護師は仕事のサポート、教育をする心を持っていることと思います。
2~3年目には1年目よりも仕事の幅は広がりますし、その経験を持って後輩看護師の指導に当たる場合もあります。
1年目をどのように過ごすのかは、今後の看護師人生を占う上で大きな経験となることを忘れないでください。