看護師の就職 - 看護師の資格と就職

看護師の資格と就職 > 看護師の就職

看護師の就職

看護師の就職は、一般的に『病院勤務』というイメージが大変強くあります。
ですが、様々な現場において看護師のニーズは非常に高まっており、近年では『看護師不足』であるというのがその実情です。
それに一口に病院と言っても診療科目や医師が複数勤務している総合病院では、外来・病棟勤務の違いはもとより、その診療科目ごとに担当する職務内容には違いがあるでしょうし、医師が少人数の単一科目診療の個人病院でもその診療科目によって異なることが予測できます。

又、その他にも近年では看護師の活躍の場は多様化しています。
病院だけではなく、民間運営の訪問看護ステーションや訪問介護サービス、老人ホーム、医療介護施設、保健所などがあり、企業においても医務室や保健室を設けている場合には専門の看護師が常駐しています。
どの職場もやりがいという点では、非常に大きなものを得られることは間違いありませんが、そのライフスタイルによっては総合病院や介護施設のような職場での夜勤を含む勤務が難しかったり、年齢を重ねるごとに体的にも難しくなってくるであろう職場もあるかと思います。

それでも現在では働く看護師を応援しようと、大きな病院では看護師の子供を預けられる保育所が併設されていたり、働くママ看護師さん達にとっては少しずつ待遇が改善されつつあるように見受けられます。
このような点では一般企業に勤めるOLさんよりは優遇されているのではないでしょうか。

それに看護師というお仕事はどこに行っても『引く手あまた』とか『売り手市場』という言葉がぴったりなのです。
人命に関わることで人に感謝されることが多く、とてもやりがいのあるお仕事と言う反面、3Kだとか9Kだとか言われることも多い本当にキツイお仕事であることが、その原因の一つだと言えます。
でもそれは勤務先によって状況に著しく違いがあることを忘れないでください。
看護師の職場は、理想の職場を探すことが可能です。
自身のライフスタイルに合った、無理のない職場に就職できることがベストな選択であると言えます。