看護師になるには - 看護師の資格と就職

看護師の資格と就職 > 看護師になるには

看護師になるには

大変な職業である『看護師』の世界ですが、大変なのは仕事だけではなく『看護師になるため』の努力も並大抵のものではないのだそうです。
看護師になるには、大きく分類して2種類があります。
看護師になるための道は一つではなく、又、国家資格である『看護免許』を取得してからもステップアップのための看護師資格が存在しており、一口に看護師とはいってもその職務内容は様々です。
『保健師看護師助産師法』という法理に沿うと、看護師には『看護師』と『准看護師』の2つの資格がありますので、ここではそれについてご紹介したいと思います。

『看護師』とは『正看護師』とも呼ばれ、厚生大臣の国家資格である免許を受け、患者に対してのケアや診療補助を行う者を言います。
そして『准看護師』は都道府県知事の免許を受け、医師や歯科医師、『看護師』の指示のもとに患者のケアや治療の補助を行う者を言います。
このように両者の大きな違いとして『医師の指示』がなくてもその職務を行えるかという点が挙げられます。
それらを理解した上で『看護師』になるには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

まず『看護師』ですが、これは高等学校卒業資格を持って、法律で定められた『看護学校』などの養成施設にて最低3年間以上の勉強を積み、国家試験を受験します。
養成施設で3年以上勉強しなければ国家試験の受験すらできないという狭き門となっています。
一方で『准看護師』は、『中学卒業後』に昼間学校ならば3年間、夜間学校ならば4年間勉強をすると『国家資格ではない』試験の受験をすることができます。
又、准看護師にはもう一つの方法が存在しており、これは『高校卒業後』に2年間勉強を積んで『国家資格ではない』試験を受験する方法です。

一番若くして看護師になる方法は『中学卒後に昼間学校へ3年間通う准看護師』であると言えますが、准看護師から看護師の資格を得ることができますので、最短で20歳の頃には看護師なっているのです。